ライブラリー

2020年9月『「薬をやめたい」CKD(慢性腎臓病)その③』


私の薬局にも「どうにかならないか」いろいろ相談があります。腎臓のトラブル以前に「それぞれの持病を複数」抱えている方が目につきます。そして“病気の蓄積”が見えてきます。今の西洋医学で薬を与えるシステムではそれぞれの疾患にそれぞれの化学薬品が処方され、複数の先生に診てもらうほどたくさんの化学薬品をもらわざる得ないようになってしまっています。「処方をやめたい」という言葉はよく聞かれますし、実際「向精神薬をやめてしまったら元気になった!」というような“ありそうな”報道があったりします。このような行為は自動車が高速道路で走っている時「ここで降りたいから”飛び降りる”」行為に近く、専門的なアドバイスが必要でしょう。なかなか踏ん切りがつかないところですが、これらも含め、漢方薬と補助等や食生活を含めた養生でクレアチニン値が安定し、正常域に戻った方や助かるだろう方々、ここら辺の話を次からしましょう。

セオ薬局代表取締役 漢方薬・生薬認定薬剤師  瀬尾昭一郎