ライブラリー

2018年3月「正しい漢方薬の使用」その6


いわゆる薬の副作用を未然に防ぐには、定期的な観察や問診、検査がかかせません。その窓口で関所の役目をする一つが薬局なのです。処方箋を受けている保険薬局に対する厚生局(国)の保険指導内容はごもっともと思います。つまり、効能・効果もですが、一方の「副作用(安全性)」も考えながら行うべき服薬指導や問診において、同じ処方をだらだら(ホイホイ?)と出し続け、チエックしていない状態の「まんぜん投与」という行為に対し、「(なぜ事前に薬剤師が)医師に疑義照会をしないのか?」という詰問がよくあります。これは、治れば廃薬すべきものを、治らない中で薬をだらだらと長期間続けさせ、副作用を引き起こしたり、返って病気を進行させてしまう可能性があるという見方です。急激に膨れ上がっている医療費の増減とも関連することです。今回の記事は、メーカーばかりを責めるのはお門違いで、漢方医学の医師への教育、薬剤師の観察眼と責任感、厚生労働省の監督指導がまだまだ行き届いていない結果だったのではと思います。今後、漢方薬が正しい方向付けで理解、普及していくことを期待する一人です。(完)

セオ薬局 代表取締役 漢方薬・生薬認定薬剤師  瀬尾昭一郎