相談例集

2012年6月 不登校とキツネツキ


5月の連休中、40代のお母様が思いつめた顔で相談にみえました。高校の娘さんが不登校になり困り果てているとのことでした。低血圧、低体温で、朝は目が覚めても起きられない。1週間は便秘、ガスが学校で頻繁に出るが、家では出ない。ニオイが恥ずかしい。心療内科の薬は飲みたない。サプリメント5~6種類などなど・・。お母様の目が赤くなり話が中断。私も同年代の子供がいるので、人事とは思えませんでした。ふと、"キツネツキ"の漢方を思い出しました。"何かにとりつかれた様に、精神状態が不安定な人"に用いる処方です。これに、"自律神経"を調え、朝と夜のめりはりをつける薬用人参製剤の錠剤と、念のため、"気"の発散を助ける牛黄製剤を差し上げて様子を見ることにしました。2週間後、お母様がご来店。「お陰さまで学校に行っています。朝はパッと起きるようになり、周りの目をあまり気にしなくなりました。」と明るい声でした。短期間の回復に私も喜びましたが、しばらく1日のリズムを大事にし、登校する事を目標とするようお願いしました。