お知らせ

ちょっと役に立つ話「熱中症・・・熱に中(あた)るとは」


今年は猛暑になるとの予測が出ています。梅雨に体調を崩したまま、急に気温が上がる時が熱中症に最もかかりやすい時期だそうです。「熱中症」とは、暑さによって起こる体の障害の総称で、その本質は「高くなる体温を下げられないことによる障害」です。

熱中症のレベル

○Ⅰ度・・・現場での応急処置で回復できる軽症

症状  ・めまい・失神・・・熱失神に相当します。  ・筋肉の硬直・・・熱痙攣に相当します。

・大量の汗

○Ⅱ度・・・医療機関への搬送や受診を必要とする中等症

症状  ・頭痛、気分の不快、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感・・・熱疲労に相当します。

○Ⅲ度・・・入院して集中治療の必要性がある重症

症状  ・意識障害、痙攣、手足の運動障害  ・高体温・・・熱射病に相当します。

体調を崩した方がいると、まずは、意識の状態を見ましょう。意識がない場合は救急隊に連絡。意識がある場合は、まずは、涼しい所に移動させましょう。次に、できれば衣服を脱がせて、熱を逃がします。皮膚に水をかけたり、ウチワやセンスであおいだり、氷で冷やしたり、とにかく、体温を下げましょう。水分補給が可能なら、水分と、高血圧でなければ、塩分を含む水分を十分にとるようにします。

これで改善がないと、Ⅰ度ではないので、救急隊に連絡しましょう。

■熱中症が起こりやすい環境とは

・気温が高い ・湿度が高い ・風が弱い ・日差しが強い ・気温の急な上昇

・照り返しが強い(地面が暖まって発生する熱を輻射熱[フクシャネツ]といいます)

・体調や、汗をかきやすいかどうかの体質

■対策

・日陰に移動したり、冷房のある屋内に移動する。→室内に温度計、湿度計を用意し、室温の調整を 心がける。 ・除湿機を使う ・扇風機、ウチワ、センスなどで風を起こして、体温の上昇を防ぐ。

・日陰に移動し、直射日光をさけましょう。 ・コンクリートやアスファルトの上は避ける。

・天気予報に注意して、暑くなるときには水分補給などで脱水予防をする。

・規則正しい生活、バランスのとれた食事が大事。暑さも徐々に体を慣らしていく。