ライブラリー

2014年8月 はじめに


漢方薬を手軽に服用できるように、薬の形状も変わってきた。
「エキス顆粒」は、煎じ薬を乾燥したものだ。
これを固めて作ったものが「錠剤」。
他にドリンクやカプセルがある。
そのためにか服用する人が増えて来た。
効果の点で考えると、古方に従った剤形や服用方法が一番良い。
古方にあるのは、ゆっくり煮出す「煎じ薬」の他、生薬をそのまますりつぶして粉にした「散」、粉末をハチミツになじませて小さな丸状にした「丸」という剤形が書かれてある。
より効果を高める服用方法で、酒や重湯に溶いて服用する記載もある。

漢方は体力や体質を重視する。「かぜ」でも体力差により処方が違う。
弱々しく陰性の人と、力強く陽性の人ではくすりが異なる。
例えば食品の青汁やお酢は、冷やす陰性のものと漢方では考える。
用いて良い人と悪い人が出てくる。

最近は健康ブームである。
誇大表現も多いので、つい苦笑してしまう事もある。
健康食品だから安全だろうと頭から信じるには要注意だ。
服用する人の体調や体質など十分考慮に入れて、専門家に相談する方が安全である。
(健康コラム「思うこと」より抜粋)

セオ薬局 代表取締役 漢方薬・生薬認定薬剤師  瀬尾昭一郎