ライブラリー

2014年7月 当帰の花


夏の事だった。
わが家の「当帰」が腰ほどの高さになり、白い小花が集まって、開いた傘のような姿をしてあたりを明るくしていた。
生命の勢いを花に感じた。
当帰はセリ科の植物で、特有のプーンとした芳香を持つ。「漢方のニオイ」と言われる独特の香りの一つだ。
葉は濃緑色で、セリの葉に似て三つに分かれている。
虫が付きやすく、煙でいぶして駆虫する話を聞いたことがある。
当帰は漢方薬でよく使われる生薬の一つだ。
病人に与えると健康に帰る、「当に帰る」といういわれがある。
日本産の当帰は優れた品質を誇るが、生産農家が少なくなったのが悩みの種である。

当帰を使った漢方薬に「当帰芍薬散」がある。
六つの生薬から成り、煎じたり粉末にして服用する。
古典には粉末をお酒で服用するよう指示がある。胃腸の負担を軽くし、吸収を高める効果がある。おもしろい方法だ。
色白で比較的体力がなく、冷え症、貧血傾向の女性に主に用いられてる。
安全性の高い漢方薬の一つで、妊婦の体調を整えたり、安産の目的でも服用される。
近年では認知症で用いられた報告もあった。
(南日本新聞夕刊「思うこと」より抜粋)

セオ薬局 代表取締役 漢方薬・生薬認定薬剤師  瀬尾昭一郎