ライブラリー

2014年2月 病は「気」から


「気」という文字を使った単語は多い。
勇気、元気、意気、殺気、湿気、気分、等々。
では、気とは何か?血液や水分は目で見えるが、気は見ることができない。
人はいざというとき、常識では考えられない力を出す時がある。
俗に言う「火事場のばか力」である。
これは気が起こす不思議が、形として現れた一瞬であろう。
昔から「病は気から」と言われる。
男の人がのどが詰まった感じがして、検査をしたがどこも悪くないと言う。これは気うつの状態で「梅核気」と言う。梅の種でのどがふさがった感じがする病だ。
小学生の男の子が母親と二人で来た。男の子は目をシパシパさせて落ち着かない。一種のチック症状だ。
気のよどみである。親に何か訴えたいが、言い出せない感じにとれた。
同時にオネショも気のよどみである。

気は目に見えないが、心と体を結ぶ大事な働きをする。
自然の中から生まれた漢方薬は、この気の流れをうまく調節するのにすぐれている。
自然の力の知恵である。
(南日本新聞夕刊連載「おもうこと」瀬尾昭一郎より抜粋)

セオ薬局 代表取締役 漢方薬・生薬認定薬剤師  瀬尾昭一郎