相談例集

2010年 寅年


新年おめでとうございます。今年の干支は寅です。"動物の虎"は一般的に力強さ、怖さ、度が過ぎたものの象徴として例えられますが、東洋思想では「白虎(びゃっこ)」という西方を守る神獣としてたたえられています。西は太陽が沈む方位で、"熱"があるので、"涼(すず)"めて鎮めるパワーを持っているのです。例えば、「白虎湯(びゃっことう)」という漢方薬はその名前同様の目的で用いる処方の1つです。9月中旬、60代中頃の小太りの女性が飛び込んで来られ、「血糖が高いからすぐ下げてくれ!」とムリな要望をされました。お話を伺ってみると、いろいろ家庭内のストレスがあり、夜はバカ食いをしてしまうとの事でした。運動不足も重なり、体調が良くないとのこと。早速、「白虎○○○湯」という煎じる漢方薬をおつくりしました。1ケ月後、「血糖値が正常になり、のどの渇きも治った!」とのご報告がありました。通常の糖尿病は、食事、運動、ストレス発散等が大事なポイントです。生活習慣改善に"トラ"イし予防しましょう!!