相談例集

2007年7月 夏の養生


江戸時代の漢方医「貝原益軒(かいばらえっけん)」が書いた「養生訓(ようじょうくん)」に、"夏の養生"が書いてあります。- 夏は発生する気が盛んで、汗が吹き出し、人の肌膚(きふ)が大いに開くので、外邪が入りやすい。涼風に長くあたるべきではない。お風呂の後、風にあたって涼むべきではない。夏は陰気が腹中にあり、食物の消化が遅くなる。よって、食べ過ぎてはいけない。温かいものを食べ、脾胃を暖め、冷水を飲むべきではない。睡眠中に扇にて人にあおいでもらうべきではない。風にあたりながら寝てはいけない。夜、外に寝てはいけない。夜、外に長く座って露気にあたるべきではない。極暑の時も極めて涼しくすべきでない・・・。- まだ自然が多かった時代でもこのような養生を説いています。胃腸を大切に。たまには漢方薬もいいですよ。