相談例集

2007年6月 セオ薬局「養生食べ方学パート2 」のご紹介


長年、漢方薬を中心に“相談薬局”として営業して参りました。相談の際は個別に資料を用意し、配布して参りました。これに基ずき数年前、相談の多かったものを中心に、一冊の本をまとめて刊行しました。題して、「養生食べ方学パート2」です。今回、改訂版として、重要な病気を中心に再度、編集して作り直しました。名前の由来は、昨今の生活習慣の変化から、特に食べ物に対する意識や興味の低さに関連する病気が多いこと、日常の養生(薬膳のような特殊なものでなく)や身近な事に気をつけることで、健康を維持する事が出来ることからです。“体を冷やす食べ物に気をつけること”、“シャワーでなく風呂にしっかり入ること”などの例です。風邪をひくと、昔は“寝て(養生して)治す”ものでしたが、現代人はかぜ薬(化学薬品)を飲んで、さらに体のムリをして働いています。このつけは後からめぐってくるものです。