ライブラリー

2016年1月 健康十訓 少車多歩 パート2 その2


右大腿部の弱りから来る膝の故障であることがわかったのは7~8か月たってからでした。
テニスの休憩中も休まずスクワット様の軽い運動をこまめに行ったり、膝を高く交互に上げて太ももの筋肉を意識しました。風呂ではゆっくり筋肉をほぐす事に努めました。体験からですが、しゃがんで太ももの筋肉を伸ばすとスッと歩けることを学びました。
元々の原因は坐骨の故障から来ているものと想像しますが、“普段から歩いていたこと”、“軽い運動を続けていたこと”から腰部には出ず、“枝部”の膝に出たのではないかと思います。
対策として、“冷え”から守るため常に“レッグウォーマー”をはき、夏でも常備しました。
痛みを意識しなくなったのは一年後位だったでしょうか?ふり返ってみると、一般の“痛み止め”は一回も服用していませんでした。痛みが時々再発しましたが、以前のように不安になることはありませんでした。
一年半後ようやく痛みはなくなりました。正直、長かったです。正座は急には無理ですが、体が温まった中では出来る様になりました。
現在テニスもクラスを戻し、従来のように走り回っています。テレビ等で膝関節にすぐ効くような商品のコマーシャルをよく見かけますが、時間をかけ総合的な生活習慣の努力が必要なのだと思い知らされました。

セオ薬局 代表取締役 漢方薬・生薬認定薬剤師  瀬尾昭一郎