ライブラリー

2016年3月 健康十訓 少車多歩 パート3 その2


前号の「ロコモチェック」はいかがでしたか?
たまに高齢者の中で“運動のしすぎ”の方がいます。若い頃と比べると、消化力や吸収、新陳代謝の衰えがあり、筋肉や骨の合成効率が悪くなっているので、“運動だけ”では片手落ちなのです。歯が悪く思うように食べられない方など、栄養補助食品を視野に入れる必要があると思います。

私どもの店頭では、具体的に「天然アミノ酸製剤」、「天然無臭ニンニク製剤」、「カルシウム製剤」、「天然ミネラル製剤」等の製品を、足・腰・腕・肩・膝等の筋肉・骨の補助として御紹介しております。(セオ薬局出版「養生食べ方学パート2」)ある研究によると、「運動+栄養」グループと「運動のみ」のグループを比較してみた所、週3回の「運動+栄養」をたった3か月続けただけで5%も筋肉量が増えるという結果が得られています。そのうえ、転倒発生率が減ることもわかっています。「筋トレ+有酸素運動+栄養」、こういった組み合わせで運動効果を上げることが出来るのです。高齢になるとは食べ物の消化が弱くなり、吸収率も悪くなるので、栄養補助をしながら運動をすることが大事です。そして休まず継続ということでしょう。もちろん休養、お風呂など疲れ等を取ることも添えておきます。

セオ薬局 代表取締役 漢方薬・生薬認定薬剤師  瀬尾昭一郎