ライブラリー

2010年7月 前立腺ガンの60代男性


“前立腺ガン”の診断を受け、その足でバタバタとNさんご一家がご相談にこられましたのは6年前の事でした。
数カ月、腹痛と腰痛を訴え、意外な宣告に真青なお顔でした。PSA(前立腺マーカー)が100以上になっているとのこと。
医師の治療は女性ホルモンの注射と内服薬(カソデックス他)でしたが、これだけでは心配だということで、免疫力の強化に良い三種混合菌糸体製剤(霊芝、メシマコブ、アガリクス)、体質をキレイにするクマザサエキス製剤、組織の原料アミノ酸製剤等をしっかり服用いただきました。
3カ月経過し、PSAが0.1程度に下がりましたが、注射の副作用で乳房がふくらんで来ました。これはしかたがない事で、「体質改善をとにかく急ぎましょう。」と、上記商品を1年間しっかり続けていただきました。やがてPSAも小数点下二けた代に安定し、化学薬品の治療は終了。現在、少々の上下はありますが、落ち着いています。肝臓の持病も悪化せず安泰です。

セオ薬局 代表取締役 漢方薬・生薬認定薬剤師  瀬尾昭一郎