ライブラリー

2010年10月 化膿して痛むご婦人


ある暑い昼、色白で小柄な60代後半のご婦人が来店されました。
1ヶ月抗生物質を服用しているが、化膿が治らないとのことでした。
「どこが悪いのですか?」とお尋ねすると「おへその奥がはれて痛い」とのこと。
何か消毒剤が欲しいとのことでした。抗生物質が効かないのは深い部分に炎症があり、消毒剤だけでは力不足です。
大事をとった方が良いと説明し、“膿を排泄”する事と体質改善をオススメしました。
セオ薬局で自家製造の漢方薬「排膿散」を1週間分、直接の部分はクマザサエキス製剤で湿布し、服用もしていただきました。
4日程たった頃でしょうか?ご本人がわざわざご来店になり、「お陰様でシル(膿)がドッと出て楽になりました。」とお喜びの声でした。
再発の事も考え、漢方薬は飲みとり、マザサエキス製剤の服用は継続する事をオススメしました。
また、食べ物で甘いもの、もち米、体を冷やすものはしばらく中止していただくようお願いしました。
正直なところ、漢方薬がこんなに早く効くとは思っていませんでした。

セオ薬局 代表取締役 漢方薬・生薬認定薬剤師  瀬尾昭一郎