ライブラリー

2010年4月 自律神経失調の女性


I さんは語り口調の優しい50代の小柄な女性です。ここ数年は仕事が忙しく、体の疲れが残るようになった為か、“めまい”や“ふらつき”がひどくなりました。良い時もあるのですが、相談の頻度が多くなり、会社も休みがちになりました。動けない時は、朝夕の電話での対応が多くなりました。「体がかなりきついのだなぁ・・」とかわいそうに思い、「神様が『休養をとりなさい』と言ってますョ!」となぐさめました。
めまいには牛黄(ゴオウ)製剤、体力をつける基礎薬としてアミノ酸製剤、自津神経の調整に薬用人参製剤を続け、漢方薬も併用していただきました。5~6ケ月はたったでしょうか?ある晴れた日に元気なI さん来店されました。顔色も良く、両頬の“シミ”がすっかりなくなり、正直、10歳は若返っていました。髪にツヤがあり、眼には光が輝いていました。「きょうは知り合いの漢方薬を買いに来ました。」と、うれしそうな笑顔が印象的でした。よく頑張ったと思います。

セオ薬局 代表取締役 漢方薬・生薬認定薬剤師  瀬尾昭一郎