ライブラリー

2012年5月 「抑肝散」と「牛黄」が良かった例


「娘の調子が良かったので家内にも飲ませていいだろうか?」
梅の花がほころぶ頃、Tさんからお電話がありました。
奥様が”統合失調症”のため入院。注射後、頭が下がったままで首が石の様に固く、目に力が入らず無表情で、会話も出来ない状態でした。“緊張を和らげる漢方薬”と微量ミネラルをたっぷり含む「天然カキ肉エキス製剤」を差し上げましたが、病院の目を盗んで服用させる必要がありました。思慮の上、食パンにはさみ込んで食べる(服用)方法を実践。見舞い時のタイミングしかない為、我慢しながらの作戦でした。
途中、「牛黄製剤」の併用をはじめると、意外に早く効果が現れ、「首のこりがほぐれて頭が持ち上げるようになった!」とご主人からお喜びの電話があり、3週間ほどで退院されました。
春の陽気あり、期待通りの回復が難しい時季ですが、初期より6~7割は良くなっているとのご返事でした。
なんといってもご主人の献身的な愛が奥様の回復力を高めてくれたのでしょう。

セオ薬局 代表取締役 漢方薬・生薬認定薬剤師  瀬尾昭一郎