ライブラリー

2012年10月 オスキナフクハ(秋の七草)


“秋の野に 咲きたる花を指(および)折り かきかぞふれば 七種(ななくさ)の花”
“芽子(はぎ)の花 尾花(おばな) 葛花(くずばな) 瞿麦(なでしこ)の花 女郎花(おみなえし) また藤袴(ふじばかま) 朝顔(あさがお)の花”

有名な万葉集の山上憶良での句です。
ハギはマメ科で日本全国目にされます。
尾花はススキ。
葛もマメ科で漢方「葛根湯」の主薬です。根のデンプンを精製しクズ菓子が作られます。
“ナデシコジャパン”が有名ですが、「撫し子」の字もあり、可憐な花のかわいさが想像できます。
オミナエシは「敗醤根(はいしょうこん)」と言って、根が醤油の腐ったようなニオイがします。オトコエシもあり、前者が黄色、後者が白い花が咲きます。
フジバカマはレッドデータブックリストに入り、絶滅危惧植物です。葉を乾燥させると、クマリンを含んだ甘い香りがします。昔、武士の嗜みとして使用されたらしいです。
アサガオは現代のものではく、「桔梗」が有力説です。他、ムクゲ、ヒルガオ説もあり話題となります。

秋の七草の覚え方は題字の通りです。
澄んだ空気の中で散策しませんか?
セオ薬局ではご希望により「薬草の森 遠足会」を行っています。

セオ薬局 代表取締役 漢方薬・生薬認定薬剤師  瀬尾昭一郎