ライブラリー

2007年8月 養生食べ方学パート2『はじめに』より


平成12年の初版本は、“アレルギー”や“アトピー”をメインに据えましたが、今回の再編出版では、さらに次のものを加えました。
「ひざ・腰痛」、「坐骨神経痛」、「脳血栓・脳出血後の手足のまひ」、「メニエール・耳鳴り・自律神経失調症」、「メタボリックシンドローム」、「血液ドロドロに関する要因」、「肝炎をめぐる話」などです。それから、「ガン」の頁数を増やしました。
それにしても「ガン」が多すぎます。生活習慣病やメタボリックシンドロームというのは、すべて、“食べ方”の問題であったと断じて良いのです。それではどうするのか?本書が加勢します。

私どもの薬局でも社員が増えました。
「もの」を売るドラッグと違い、薬学的な知識、漢方的な知識が求められます。
レベルの高い、均等で質の高い“答え”が用意されなければなりません。なにはともあれ、まずは“健康”です。
(養生食べ方学パート2より)

セオ薬局 代表取締役 漢方薬・生薬認定薬剤師  瀬尾昭一郎