ライブラリー

2007年10月 一番よい食事とは? ②


「アメリカ料理?」聞いたことがありません。スペイン人が発見して以来、各種のヨーロッパ民族が移住したのです。
原点はヨーロッパ。神話や宗教行事をひもとくとわかります。ギリシャ神話には、イチジクやブドウがよく出て来ます。亜熱帯の果物です。キリスト教になると、貧しい羊飼い達が主役です。“子羊”は“神へのイケニエ”、捧げものです。
雨が少ないので“米作”は不適です。夏に小麦が育つくらいのものです。
ヨーロッパには“粉ひき娘”の文化がいっぱいあります。これを焼いたのが“固いパン”です。これが食べ物のヨーロッパの原点。
ある時、誰かが“干しブドウ”を小麦粉にまぜます。ふっくらとふくらんだのです。発酵パンの始まりです。
そして羊の肉、ミルク、少しの野菜。手に入るものを食べて来たわけです。
ヨーロッパは石灰岩の大地ですから“硬水”といって飲めない水です。ヨーロッパ旅行では水は買って飲むのです。
(養生食べ方学パート2より)

セオ薬局 代表取締役 漢方薬・生薬認定薬剤師  瀬尾昭一郎