ライブラリー

2008年8月 夏の冷え


夏本番!鹿児島に突然、夏がやって来ました。気をつけて下さい、“夏ほど逆に冷えやすい季節“なのです。
それは、気温の上昇と伴に薄着になる一方、クーラーの効いた部屋に長時間いたり、冷たい食べ物をつい摂りすぎるなどが原因で、必要以上に体を冷やしてしまうからです。
二次的には消化器官の働きが低下し、全身にもいろいろな症状を起こしてきます。ヒトの体温は36.5℃であるのが普通ですが、時折、低体温の方を見かけます。
例えば、体温が1℃下がると、免疫力が37%低下、基礎代謝が12%低下、体内酵素活性が50%低下すると言われています。
結果として、”疲れ“やすかったり、”太る“事になります。特に、”ガン細胞“は35℃代の体温を好むと言われ、体温を上げる事は重要なポイントになります。
セオ薬局で体の基礎薬としてオススメしている、「薬用人参製剤」、「アミノ酸製剤」、「無臭ニンニク製剤」などは、代謝を上げ、体温を上昇させ、細胞の活性化を図り、体全体の元気を呼び起こしてくれます。
夏は”汗“をかきましょう!!セオ薬局では基礎薬を30年~40年お続けの方が沢山いらっしゃいます。皆様、お元気です。

セオ薬局 代表取締役 漢方薬・生薬認定薬剤師  瀬尾昭一郎