ライブラリー

2008年5月 漢方でやせませんか?


「メタボリックシンドローム」の意味わかりますね?
ちょっと恐いのは、“死の四重奏”というのもあります。
ポイントは「メタボ・・」に似ていますが、“高血圧”、“糖尿病”、“高脂血症”、“肥満”の条件がそろうと、“死の危険性が高まる”と専門家は警告しています。
現代西洋医学では、各病気専門の医師がいますので、各パーツを診る技術は優れています。
しかし、各々の専門を回ると薬の種類は増え、重複する事も予想できます。ちょっと困った事になりますね。
漢方薬は各症状(症候群)を捕らえ、総合的に1つの処方に導きます。
例えば、腹部の皮下脂肪が多く、便秘がちで、肩こりやのぼせ、動悸などを伴う高血圧、肥満傾向のある方の“やせぐすり”として漢方薬は最適です。体重が減るとそれぞれの病態も軽くなり、膝の悪い方にも良い結果が期待できます。

セオ薬局 代表取締役 漢方薬・生薬認定薬剤師  瀬尾昭一郎