ライブラリー

2011年6月 ガン摘出 大手術後の相談


Kさん(女性)は2年前に帯状疱疹にかかり、入院治療で治っていたようです。
ところが、昨年の夏に消化器系のガンがわかり、胆のう・胃・膵臓を部分的に切除する大手術を行いました。(帯状疱疹はガンと関連が深いといわれています。)御家族は大変心配されたことでしょう。
手術は成功したのですが、その後の体の調子が良いとは言えず、体重も10kgほど激減したのでした。
かかりつけの病院に一時入院し経過を見ていましたが、血液検査内容が悪く発ガン(転移)の可能性が疑われました。
家族から相談がありました。
体力をつけるため煎じる漢方薬と通常の3~4倍量の天然アミノ酸製剤と天然クマザサエキス製剤を服用してもらいました。
2週間後報告がありました。嘘のように元気になり、家庭での家事をこなしている、体重も少しずつ増えているとのことでした。
まだまだ安心はできませんが、今の処方を半年から1年続け、体力回復と体の中から元気を出し、特にガン克服のために体質改善を進めることです。ご家族も安心されたようでした。

セオ薬局 代表取締役 漢方薬・生薬認定薬剤師  瀬尾昭一郎