相談例集

膝関節痛には「漢方薬」がよく効く!!


Iさんが相談にみえたのは東日本大震災の少し前でした。背が高くやせ型で体が動く60代です。
外での立ち仕事で足が冷え、最近、膝痛がひどくなり、整形外科で10回近く“水”を抜いてヒアルロン酸の注射を打ったが変化がないとのこと。
膝痛は関節の炎症で、これを鎮める目的で水(体液)がたまる事があります。水を抜くとまた炎症がひどくなるのです。血行も悪くなっています。漢方薬は炎症を鎮めて水を抜き、血行を良くする作用があります。
服用して1ヶ月目「わからない。」
2ヶ月目「変わらず。」
3ヶ月目「続けてみます。」
そして4ヶ月目「3週間前に水を抜いたところ、その後痛みがピタリと止まった。左膝裏のハリはまだある。」
5ヶ月目「全く水がたまらなくなった!」
6ヶ月目「痛みと水なく、少し曲げにくいが、整形に行かなくなった!」

テレビでは「皇○」、「△△グルコサミン」「□□コンドロィチン」等々次から次と新しい健康食品のCMがあふれています。
セオ薬局では漢方薬で過去にたくさんの方が良くなっておられます。