相談例集

術後の生活習慣

2011年3月 私の体験 パート2

ワインブームで毎晩1本飲んでいる頃がありました。
ある朝、下血が止まらずにトイレに長時間座っていましたが、痛みもなく気にも止めませんでした。
半年後の連休中に突然の発熱。節々が痛く寝込んでしまいました。
1週間しても熱が下がらず、主治医より専門医を紹介されました。
「瀬尾さんは痔ろうですねぇ!」頭が真っ白になりました。
「何で?これは大変だ!!」

原因は下血後の傷口が化膿したためでした。
熱が続いたせいか貧血状態でふらふらして、うつが出て1ヶ月休んでしまいました。
早朝の散歩を開始したり、いろいろ抜け出す努力をしましたが、発病から1ヶ月後に手術となりました。
入院中に漢方薬、天然アミノ酸製剤、無臭ニンニク製剤、クロレラ製剤等をバンバン服用し、3週間の予定を2週間でなんとか退院しました。
今回の失敗はまたまたアルコールの飲みすぎによるもので、肛門のうっ血及び出血の対応を怠ったために悪化したものでした。
身を切って勉強させてもらいました。
散歩は今も継続中です。後悔先に立たず。

 

2011年6月 ガン摘出 大手術後の相談

Kさん(女性)は2年前に帯状疱疹にかかり、入院治療で治っていたようです。
ところが、昨年の夏に消化器系のガンがわかり、胆のう・胃・膵臓を部分的に切除する大手術を行いました。(帯状疱疹はガンと関連が深いといわれています。)御家族は大変心配されたことでしょう。
手術は成功したのですが、その後の体の調子が良いとは言えず、体重も10kgほど激減したのでした。
かかりつけの病院に一時入院し経過を見ていましたが、血液検査内容が悪く発ガン(転移)の可能性が疑われました。
家族から相談がありました。
体力をつけるため煎じる漢方薬と通常の3~4倍量の天然アミノ酸製剤と天然クマザサエキス製剤を服用してもらいました。
2週間後報告がありました。嘘のように元気になり、家庭での家事をこなしている、体重も少しずつ増えているとのことでした。
まだまだ安心はできませんが、今の処方を半年から1年続け、体力回復と体の中から元気を出し、特にガン克服のために体質改善を進めることです。ご家族も安心されたようでした。

 

2011年11月 大病を乗り越えて

Sさんは自分に厳しく他人に優しい思いやりにあふれる女性です。
平成10年、足のつりと膝痛で漢方薬をお求めでした。血圧が高く降圧剤も服用されていました。
平成11年、検査で副腎の腫れを指摘。自律神経症状があり漢方薬を処方しました。
平成12年、副腎のホルモンが出過ぎるとのことで手術をすすめられる。しばらく漢方薬で調整していましたが、3年後手術に踏み切りました。
術前術後も漢方薬とアミノ酸製剤を継続されていました。
平成16年帯状疱疹、疲れがあったのでしょう。
平成18年夏、ふら~として道路に座り込む。血圧が下がりすぎたのか?病院からは強めの降圧剤が処方され、現在も服用中です。
大手術を乗り越え、あっという間に“傘寿”を迎えられました。
「何でそんなに元気なの?」とよく言われるそうです。「お陰様で」と控えめなご返事。
時々関節痛や鼻水の漢方薬を服用しながら、アミノ酸製剤、クマザサエキス製剤、牛黄製剤を忘れずに服用されています。
本日もお友達のNさんと仲良くご来店。店がパッと明るくなります。

 

2012年7月 生きる力

Kさんはきゃしゃで弱々しく見えますが、芯のしっかりした70代男性です。
過去は病気のデパートで、食道ガンの摘出手術、白内障の手術、網膜はく離、軽い脳梗塞(つい1ヶ月前再発し入院)等患いながらこれらの病に折れる事なく前向きに生きている方です。
漢方薬、天然アミノ酸製剤、薬用人参製剤を続けながら、なんとか「元気」を維持しておられます。生きる姿勢に私も感銘を受けておりますので、一部披露いたします。
月刊「ことぶき」7月号からKさん投稿の記事。

“私の健康人生訓”。
▼今日という日は、私に残された「人生最初の日」と思い、今を生きています。
▼食事は、一口40~50回噛んで、ゆっくりと食しています。
▼歩かないでいると、歩けなくなる!なるべく歩いています。

次に2月16日Kさんからのお手紙から。

“仏陀釈迦牟尼の言葉、
「過ぎてしまったこと」や「これからやってくること」に心がとどまってはいけない。
人は常に「たった今」に生きるべきである。
そしてその「たった今」を理解し、そこに存在する素晴らしい世界に気づくことが大切である。
「たった今」に生きる。”


2007年8月 養生食べ方学パート2「はじめに」より

平成12年の初版本は、"アレルギー"や"アトピー"をメインに据えましたが、今回の再編出版では、さらに次のものを加えました。「ひざ・腰痛」、「坐骨神経痛」、「脳血栓・脳出血後の手足のまひ」、「メニエール・耳鳴り・自律神経失調症」、「メタボリックシンドローム」、「血液ドロドロに関する要因」、「肝炎をめぐる話」などです。それから、「ガン」の頁数を増やしました。それにしても「ガン」が多すぎます。生活習慣病やメタボリックシンドロームというのは、すべて、"食べ方"の問題であったと断じて良いのです。それではどうするのか?本書が加勢します。私どもの薬局でも社員が増えました。「もの」を売るドラッグと違い、薬学的な知識、漢方的な知識が求められます。レベルの高い、均等で質の高い"答え"が用意されなければなりません。なにはともあれ、まずは"健康"です。

 

 

2008年12月 三種の神器

NHK大河ドラマ「篤姫」も、いよいよクライマックスを迎えます。大奥のトップ天璋院と、幼なじみで維新の功労者、小松帯刀の二人を中心とした人間模様は、物語としても史実としても、興味をそそられる内容でした。大きな権力が突然崩れ落ち、新時代の大きな波に翻ろうされながらも、命をかけ、時代を駆け抜ける姿には、熱く心を打つものがありました。7月号で「清心丸」という漢方薬に触れました。小松が妻のお近へ宛てた手紙に"清心丸" を送った事が記されているという内容でした。お隣の韓国では、「三種の神器」の中に1つとして、「各家庭の神棚には"清心丸"が具えてある」、と旅行の際耳にしました。(他、キムチ、薬用人参で三種)韓国での使用目的にビックリしました。脳卒中、全身不随、手足不随、言語障害、昏睡、顔面神経麻痺、口眼喎斜、高熱、人事不省、心悸亢進、呼吸困難、精神不安、自律神経失調症、神経性不安症、神経興奮症、神経性胃炎、神経性頭痛、神経過敏症、変性筋肉神経痛、坐骨神経痛、などでした。清心丸の主役の牛黄(ごおう)は来年の干支の「牛」からとれる動物性高貴薬です。

 

 

2009年1月 丑年

新年おめでとうございます。良い年をお迎えの事と思います。さて、今年の干支は「丑」です。牛由来の漢方薬に「牛黄(ゴオウ)」があります。牛の胆石で二千頭の中から一頭しかとれない貴重な薬です。他の動物からも採取されますが、牛のみが医薬品(日本薬局方)として効果が認められています。"ダイヤモンドより高い"高価な動物生薬なのです。古書「神農本草経」(生薬の分類、性格や効能が書いてある)には、"逐鬼(ちくき/鬼を追う)"、つまり"死なないお薬"とあります。強心、降圧、肝臓保護、抗炎症、解熱、鎮痛、鎮経、赤血球新生促進などの働きが認められています。元京都府立医大第三内科教室の松本仁幸先生の研究によると、牛黄は併用薬品の取り込みを良くする性質がわかっています。世界遺産、和歌山の熊野速玉大社の「熊野牛王符」の印色はこの牛黄を混ぜ込み、厄除け、家内安全の神札(おふだ)として喜ばれているようです。昨年は世界経済に激震が走り、今年の動向が気になるところです。牛に習いあせらずズッシリ構えたいものです。

 

 

2011年2月 腎虚の男性

K氏が来店されてから11年が経ちます。当初は50代後半で、糖尿のご相談でした。漢方薬(煎じ)と薬用人参製剤を服用し、3ヶ月経過した頃、200あった血糖値が80代まで下がり、医師がびっくりいていた事を記憶します。最近お顔が見えず心配していた所、年末ひょっこりご来店。膀胱に腫瘍(ガン)が見つかり全摘されたとのこと。確か1年前には前立腺肥大のご相談がありました。頻尿で夜中の3回トイレに立つ、残尿あり、血糖値も心配だと、1時間ほどお話をしました。早速、腎・泌尿器系に良い漢方の煎じ薬を差し上げました。3回目のご来店の際、「尿タンパクが+++だったのが、-になり医者が驚いていた。」とご報告を受けました。ガンの予後も考え、セオの「養生食べ方学」の本をプレゼントし、今一度食事内容の指導をしました。四つ足動物の肉ではなく魚介類のタンパクを中心に夜は腹六分目にすること。散歩で良いので毎日運動を心がけ、足腰の骨と筋肉を維持することなどをお伝えしました。今後の生活習慣が重要です。

2013年11月 黄門さまの印籠

「この紋どころが目に入らぬか!」水戸黄門の名ぜりふである。あのときの印籠の中身は何だろうか?お芝居は虚構でもあの印籠の中身はうそではない。架空の薬ではない。「牛黄(ごおう)」という名の漢方薬で、牛の胆石から作られた動物系生薬である。牛黄はいろいろな病の予防や治療に用いられ、市販のドリンクやカプセル、錠剤、丸剤にもよく利用されている。血流を良くする特性を生かし、認知症への応用も研究されている。六十代の男性が、医師から長くは生きられないと言われた。「長生きの薬はないだろうか」との相談に、牛黄製剤をすすめた。本人の望み通り八十九歳まで長生きし、天寿を全うした。数度の脳血栓で倒れた母親のことで娘さんが相談に来た。これまた牛黄製剤が有効に作用したのか、それから二十年以上病床ではあるが、今でもお元気だ。肝硬変であきらめていた学校の先生も牛黄製剤を服用した。十年たった。力のなかった目がいきいきとし、土気色だった顔に赤みがさした。(南日本新聞夕刊連載「思うこと」瀬尾昭一郎より抜粋)

2016年4月 いづろ店お陰様で30周年特別企画 お客様勉強会のお知らせ

「健康十訓」を連載中ですが今年度の「お客様勉強会」のお知らせを致します。
毎年御好評の"お客様対象の健康勉強会"は、お昼1時半から3時までいづろ店近く金生町ビルにて開催しています。今年も継続開催いたしますので、ご興味のある方は御参加お待ち申し上げます。会費は無料ですが事前御予約下さい。その時のメーカーからおみやげの商品をプレゼントしています。4月21日(木)「冷えと疲れと低体温と免疫に薬用人参」、5月19日(木)「天然アミノ酸で健康長寿を伸ばそう」、6月19日(日)「わははと笑って健康長寿 笑う門には免疫アップ」、7月21日(木)「今年の猛暑もかき肉エキスで乗り切ろう」、8月18日(木)「筑後種天然クロレラで母乳育児・腸内環境」、9月15日(木)「~膝・腰・肩の痛みに朗報~痛みの原因を取り除く無臭にんにく製剤オキソピタン療法」以上6講演を企画致しました。この中で、お陰様で「いづろ店」が"30周年"を迎えるにあたり、特別企画としまして"あの「三遊亭歌之介」師匠"をお呼びし、同日"笑って健康"をテーマに寄席を企画しています。御応募はいづろ店、真砂本町本店にお問い合わせ下さい。

 

2017年4月 透析をまだしたくない

1999年(平成11年)11月24日の夕刻、やせ型、顔色褐色、80歳、細身の男性が見えた。尿酸値上昇、腎臓が悪い、狭心症様の痛みもあるので「ニトロール」をもらっている。医師から「透析」と言われた。まだしたくない、なんとかならないか。身長165cm、体重63kg、左の片腎は御子息に提供、右腎が残っている。話を伺っていると、なんと、この人“ノモンハン事件”の生き残りであった。「よく生きてかえられましたね!」、「あんな馬鹿な戦争はありませんよ!」、この人はキッパリと切り捨てた。初戦の時、高熱が出て、朝鮮の北部、現北朝鮮の北部にある野戦病院へ後送、一命をとりとめた、といわれた。“幸運の人”である。なんとかしてあげなければと、考えた。その時、漢方処方30日分と、ミネラル・亜鉛を含んだカキ肉エキス錠を差し上げた。毎月見えた。4ヶ月たった。はじめ”土色“をしていた顔色が、ずいぶんと良くなってきた。近所の人も、「この頃、顔色が良くなられた」と言ってくれる、本人がまず”喜んだ“。初めて来ていただいた時、11月の末、帰られる後姿を、私は道路に出て見送った。駐車場はあったのに、本通りの西側の小すじに自家用車が止まっていた。折しも、暮れなずむ秋の夕暮れ、雲のすき間から、一瞬、一条の光が差す。”逆光のシルエット“去りゆく”この人の後姿“を”後光“が包んだ。瞬間、この人は助かると想った。そして、なんと、10年間、元気で、毎月のように、鹿児島へ来ていただいた。そして、10年たった。そろそろ「透析をしようと思う。」「そうですね。」そうして頂いた。当時用いた漢方の処方は、7種類あった。はじめ、「柴○○湯○○○」から始まって、少しずつ変えていった。専門的なので、処方名は省く。「カキ肉エキス製剤錠」と「アミノ酸製剤」は最初から、最後になって、ストレスを去る牛黄製剤、薬用人参製剤を加えた。

「水に棲む蛙の声」瀬尾昭 著 より

セオ薬局代表取締役 漢方薬・生薬認定薬剤師  瀬尾昭一郎